私は今日はお昼のひと時学生時代(大学)にタイムスリップしました

というのは大げさですが、用があって大学時代のインストラクターの先生にをしたのです。実習のF先生だったのですが、学生時代はこの私でさえ(笑)恐れてた美しいけど厳しい先生だったので電話をする前からドキドキ

大体お話しするのも15年振りだしねぇ・・・でもいざお話してみると学生と先生とは違ってて、立場こそ違えど同じ資格を持つ者として話しがはずんでしまいました。先生の考えと私の考えが一致しててビックリすると同時に私も成長したんだわなんて思ってしまいました。先生も「あなたも学生時代はどうなることやらと思ったけど、変わったわね〜」なんて仰ってくれて嬉しかった〜

やはり次は母校から従業員を採用しようと固く誓いましたが・・・先生は私の期待を裏切らず(笑)「どんな子もあとはあなたやお宅のスタッフの教育にかかってるわよ」と釘を刺して下さいました(笑)

責任重大だけど頑張って後身を育てます

私の今やらなければならない仕事はこれだわと気付かせてくれた先生に感謝です。

そして夜には教育係の予定のスタッフと打ち合わせをしました。思い立ったが吉日ですからね私はずっと「別にこの国家資格なんていらないかも?」と思ってたけど、まだまだ活用できそうです。

さ〜て今週は分刻みのスケジュールだけど頑張らなきゃ

 

 

夕方から恒例の私のトリミングへ行きましたが、美容院でまたまたキレかけてしまったちょっと身体の不自由な方がお客としていらして、その方が体調を崩されて、いきなり私の真横で倒れてしまったのです。ビックリしましたがカラーリング中にもかかわらず私は医療従事者なので応急処置は少し分かるから、うろたえる美容師さんを押しのけて、その方の様子を見て適切な処置というか美容師さんをコキ使ってタオルを用意させたりして様子を伺ってたら暫くして回復されましたよかったです

だけどその一部始終を見てたアシスタントの子の態度にピキっときてしまいました。何とゲラゲラ笑いながら「気持ちわる〜」とか言ったのを私は聞き逃しませんでした。その瞬間「あんたね〜、失礼じゃないの」とキレてしまいました私に怒られたアシスタントは泣きそうになってたけど許せなかったです。

具合が悪い人、それもお客様ですよ!そういう人の身体や心の痛みの分からない人は私は許せませんがこれで私は美容院のブラックリスト入りかなぁ

でもいいです。私が言ったことは間違ってないと思うからね。

あと私は相手の立場や気持ちを考えられない人も許せないなぁ

デパートの中の美容院だから明日、電話でクレーム入れてやりたいあぁイライラする